【2019年9月17日】福岡県福岡市博多区に上川端クリニックがグランドオープン

ニュース

皆さん、こんにちは!

「水素風呂リタライフ比較検討ナビ」運営事務局です

本日は、福岡にできた未病を広げるクリニックのご案内です。

全国160の病院でリタライフ が提供されているの?とお問い合わせを頂いておりましたので、ちょうど良いタイミングだと思いましてご案内致します。

クリニック内にメディカルステーション( https://kamikawabata-ms.jp/ )があるようですが、様々なメーカーの水素ガス、水素風呂、水素サプリ、水素関連商品、AGE測定器などがあります。

あまり知られていない水素の効果

水素は抗酸化分子ということは結構しられておりますが、実は、体内では「酸化」と「糖化」と「炎症」に反応が出やすいものとなります。この糖化というのはAGE値です。炎症している患部は酸化しているので、根本的には水素は「酸化」したものを「還元」する作用があり、その反応で体内の様々な症状を改善していると世界中の研究者や研究機関で論文が発表されております。

提携クリック年内目標300クリニック

水素風呂リタライフを取り扱う病院は毎週増えておりますが、2019年1月度には300クリニックの提携を目標に動きますとコミットしておりました。

現在では、様々な外部団体との提携が進み提携が急速に進んでおります。

提携元:一般社団法人日本先進医療臨床研究会

外部の様々な団体が水素風呂リタライフ を使って、研究を進めて頂いております。

研究の概要

2007年以前、水素は不活性分子で哺乳類細胞内では機能を持ち得ないと考えられてきました。ところが2007年に、日本医科大学の太田教授らがNature Medicine誌に発表した論文で分子状水素が酸化力の高いラジカルとだけ反応し、これらを消去する事を示して従来の概念を覆し、水素が疾病予防や治療に応用できる可能性を提唱しました。

水素が酸化ストレスに対して細胞防御機能を有することが発表されて以来、主にモデル動物を用いて水素の治療効果や予防効果が調べられ、現在までに400以上の論文が発表されており、臓器で酸化ストレスが関与する疾患モデルに対して水素の効果がある事が示され、水素の抗炎症作用、抗アレルギー作用、エネルギー代謝活性作用などが示され、ヒトを対象とした臨床試験論文も数十報を超えています。

そこで当会では、水素が有用と報告された以下の疾患(炎症・自己免疫疾患(関節リウマチ)、肥満、血液透析・腎炎・膀胱炎、循環器障害・心筋梗塞・脳梗塞、放射線障害、神経変性疾患・パーキンソン病・軽度認知症、がん・増殖性疾患、感染症・敗血症、代謝異常・メタボ・糖尿病、皮膚疾患(エリトマトーデス)、神経・筋疾患(ミトコンドリア病)、潰瘍、アトピー性皮膚炎などの疾患に対して、水素分子を発生する入浴用機器を用いて、実際の治療(臨床)における症例報告を集積し、治癒・改善に関する多施設共同研究を行うことにしました。

引用元:https://jscsf.org/clinicalresearch/cr007-2

是非、上記URLからウェブサイトをみて頂き、医療研究の状況をみてみてください。

上川端クリニック

私たちは全ての働く現代人が願う「健康」に向き合い、地域に根ざすクリニックです。

https://kamikawabata-cl.jp/

〒812-0026
福岡市博多区上川端町4-221
上川端メディカルステーション2F
TEL:092-406-4639 / FAX:092-406-4631

 

ピックアップ記事

関連記事一覧