【テレビ】アトピー性皮膚炎と水素の効力(効果、予防、治療、湿疹改善、緩和、原因は食べ物?日常の保湿から完治まで)

三羽信比古博士
Q&A

【第3回】アトピー性皮膚炎と水素の効力

BBCびわ湖放送にて2019年4月19日に放送されました。

植田実穂様:

アトピー性皮膚炎は患者数が増加していて従来の治療法では副作用が少なく無いようなのですが、この病気に対して水素はどのように働くのでしょうか?

三羽信比古博士:

我々の研究チームは患者さん28名の協力をえて研究致しました。

数十年もの前にできた背中と胸元のアトピー様の吹き出物について水素風呂に1ヶ月間、毎日入った例です。

1歳あまりの幼児はあざのようなものがほほの炎症について水素風呂に2ヶ月入った例です。

背中のみどりっぽい炎症について水素風呂に3ヶ月入った例です。

背中首筋の赤みがかった炎症について水素風呂に3週間入った例です。

首の前の炎症2箇所について、水素風呂にわずか2日入った例です。

植田実穂様:

いずれの例でもアトピー改善の程度がインパクトありますよね

三羽信比古博士:

アトピーのような症状を示した患者さん23名について、内訳として完治4名、顕著に改善した例18名、かなり改善した例1名、そして無効というのは1例もありませんでした。幹部か、顔、腕、手、足など様々で年代も幅広く、水素風呂の使用期間は数日から7ヶ月であります。

植田実穂様:

アトピーの方が水素風呂に入る注意点はありますか?

三羽信比古博士:

皮膚表面にはバリアがあるため、水は弾かれ皮膚内に侵入しにくいのですが、アトピー性皮膚炎ではバリアは破壊されているので、水を多量に侵入させ、皮膚をふやけさせ、損傷をおこしうるのです。このため最初は3〜5分くらいの入湯時間とし、皮膚の改善状況をみながら少しずつ入湯時間を伸ばしていき、最大でも10分に止めるべきです。1日5分以内ずつ2回に分ける入湯、あるいは足や腕はアトピー性皮膚炎でない場合は、足湯や腕湯などの部分湯なども水素の取込をもたらします。

植田実穂様:

アトピー性皮膚炎はそもそも原因はなんなのでしょうか?

三羽信比古博士:

様々な原因があり、10〜30歳のほぼ1割の人がアトピー性皮膚炎と言われ、我々の研究チームでは皮膚バリア破壊による乾燥症が重要な原因と考えています。

植田実穂様:

ではなぜ、水素風呂とアトピー性皮膚炎の顕著なデータが見られたのでしょうか?

三羽信比古博士:

皮膚表面を守るバリアには活性酸素で効力を失う不安定な部分として、スクアレン、セラミドといった成分があり、これらが変質して皮膚バリアが破壊されやすいです。皮膚バリアが破壊されると、皮膚から水分が逃げて皮膚細胞が損傷します。皮膚の断面も表面も損傷している我々が取得した写真をしめしました。この引き金となる活性酸素を水素が消去すると、皮膚構造が守られると考えられます。ここで注目すべきは皮膚の表面だけではなく、深くまで広範囲に活性酸素を消去するということであります。ここで水素が存分に威力を発揮するのは地球一小さな分子サイズということであり、他の物質のついずいを許さない水素の最大の威力を発揮する所以であります。

「水素風呂リタライフ比較検討ナビ限定」リタライフのオンラインレンタル申込特典について

当サイトからお申込でAmazonギフト券をプレゼント。毎月のキャッシュバック額は異なりますので、以下をチェックください!

詳しくはこちら

 

アトピーくらぶれのあの代表笛木様よりアトピー患者様に向けた講義を頂きました。

2019年7月3日、アトピーくらぶ れのあ の代表、笛木様よりアトピー患者の方をもっと良く知る勉強会に参加させて頂きました。大変心に残る素晴らしい講義でした。

アトピーで現在、悩んでいる方の為にも、ポイントをご案内致します。多くの方はアトピーのことを理解できていないので、その人達の気持ちが理解できないため、以下のような状況になることを理解して欲しい。ですので、アトピーかな?と思ったらできる限り早くリタライフ のお風呂をレンタルして使って見て欲しいとのことでした。

・水素は赤ちゃんから老人までがなる病気です。赤ちゃんはすぐに治りやすいです。平均的には2週間〜3ヶ月もあれば治ります。

・アトピーはデータ上、現在進行形で確実に増えております。

・アトピーに人生が乗っ取られる人がいることを、是非知って欲しいです。そしてリタライフは全てのアトピーを改善の方向に向かわせます。

・リタライフ を使って治ったらすぐに解約するアトピー患者がいますが、やめないで継続してください。根本的な習慣を変えないとまた発生します。

・アトピーの人は食べものなどを気をつける必要がありますが、特に牛乳はNGです。

・アトピーは痒いだけ、赤いだけ、我慢が足りないだけ、命に別状はない、と思われている。事実軽いひともいる。なったことがない人には全然わからない世界。

・重度のアトピーが家族に一人いると地獄をみる、結婚や出産も諦めている、自殺者もいる。それでもアトピーは”アトピー”としてしか伝えられない。

・アトピーは慢性の酸化の病気。尋ねるところが少ない、場所が少ない。病院にいってもステロイドを処方されるのが落ちです。

・ステロイドは薬で酸化させ悪化させます。アトピーには抗酸化が大事です。ですので地球一抗酸化力の強い水素が効果を発揮します。

・アトピー患者は、1分1秒も皮膚を掻く手がとまりません。重症のアトピーは痒いのに掻く皮膚もなく、皮膚の下の血液を掻きたいようなイメージいなってます。

・重度のアトピー患者は、朝目覚めるとシーツと自分が離れないこともあり、オネショと間違うくらい体液でびしょびしょになることもあります。

・重度のアトピー患者は、ひとりでお風呂に入れず、トイレットペーパーは手についてとれなく、痒くて寝れず、微熱も続くこともあり、靴が履けず、背中をつけて寝ることもできずソファに寄りかかることもできないくらいの人もいます。

「水素風呂リタライフ比較検討ナビ限定」リタライフのオンラインレンタル申込特典について

当サイトからお申込でAmazonギフト券をプレゼント。毎月のキャッシュバック額は異なりますので、以下をチェックください!

詳しくはこちら

TV番組『健康カプセル 元気の時間』でも水素の効果効能が取り上げられました!

2015年12月13日に、TBS系列で毎週日曜日7:00 – 7:30に放送されているTV番組『健康カプセル 元気の時間』にて水素水が身体のサビ(酸化)を防ぐメカニズムを水素の第一人者である太田成男教授がわかりやすく解説してくれました♪
「殆どの病気は活性酸素が原因」とおっしゃる太田成男教授の発言にご注目ください★

太田成男教授とは

日本医科大学の教授であり、水素と悪玉活性酸素(ヒロドキシルラジカル)が結合し水となることを突き止めた水素の第一人者。
研究室のウェブサイト
ブログ「太田成男のちょっと一言!」

最新の水素風呂の比較データ

様々な水素商品が乱立する昨今!2019年時点の水素風呂のデータ比較情報はこちら
それでは、テレビ番組をご覧ください

アトピー性皮膚炎とは(赤ちゃん、子供から大人まで)

現代では、皮膚の弱い赤ちゃんや子供のアトピーが非常に多いのが実情です。

かきむしったりすることで、流血が起こり、ベッドが血だらけになることも多々、、、非常にかわいそうですよね。

皮膚の弱い赤ちゃんや子供の湿疹、アトピーには基本的には家庭内でスキンケアをする必要がございます。また食事なども大きく影響をしている場合がございますので注意が必要です。

アトピー性皮膚炎の原因

近年では、湿疹がありバリア機能が低下している皮膚から食物が入り込むことによって、食物アレルギーが発症するという仕組みが分かってきました。早い時期から正しい治療を行い、皮膚を良い状態に保つことが求められます。アトピー性皮膚炎を通常な状態から悪化させる要因は、様々な要因が重なることで発生することがあります。これらの悪化要因の対策もあわせて、治療することが大事です。

黄色ブドウ球菌 ・ダニ ・カビ ・汗 ・ペット ・ストレス  など

国立成育医療研究センターアレルギーセンター アトピー性皮膚炎の診療方針

アトピー性皮膚炎治療の考え方

ガイドラインに基づいた標準的治療を基本とし、信頼性の高い最新の医学的エビデンスを取り入れ患者さん毎に決定します。患者さんとご家族が病気を克服し、QOL(生活の質)を高められることを目標とします。

どんな重症の患者さんも、ステロイド外用薬の副作用を回避しつつ湿疹のないお肌で過ごすことを目指した治療を行います。

患者さんとご家族が正しく効果的なスキンケアの手技を身につけることができるよう、医師と看護師、PAE(小児アレルギーエデュケーター)などのスタッフが分担・協力して支援します。

特に力を入れている診療

アトピー性皮膚炎の患者さんの中には、いろいろな医療機関で診療を受けたにも関わらず、治らないという経験がある方が多くいらっしゃいます。しかし、実際には、外用薬の塗り方が間違っていたり、適切な指導を受けられていなかったりすることも多々あります。当科では、アトピー性皮膚炎に対する正しい知識を伝えるとともに、スキンケアの手技を身につけることができるようにスタッフが協力して支援しています。

また、当科では、重症のアトピー性皮膚炎で、成長障害や電解質異常をきたしてしまった患者さんの診療経験も豊富です。そのような方々も、しっかりと時間をかけて治療を行うことで、皮膚を良い状態にコントロールすることが出来ます。

短期教育入院

アトピー性皮膚炎の患者さん(原則として未成年)を対象としており、2018年1月現在、土~日曜日にかけての1泊2日のスケジュールでスキンケアの指導、生活リズムや環境整備などについての面談を行っています。外来受診された際にお問い合わせください。

治療の継続のために

アトピー性皮膚炎の治療は毎日続ける必要があるため、お子さんがいやがる場合や、掻く行動が繰り返される場合(習慣的掻破行動)には困難なこともあります。このようなとき、周囲の環境やご家族など大人の対応を変えることで解決策を見いだせることがあります。当科では応用行動分析(行動療法)に基づいた解決策を一緒に考えていきます。

※引用元:https://www.ncchd.go.jp/hospital/sickness/allergy/atopic_dermatitis.html

最新のアトピーについて

水素と悪玉活性酸素が結合し水となり無害化という水素の基本的な性質については上述しましたが、水素はそれ以外にも、「抗炎症」と「抗糖化」の効果があると言われております。それにより水素を体に取込することで体内からも直接的に皮膚に働きかけることで、アトピー性皮膚炎でぼろぼろになった肌が着々と修復され、完治したという声をよく周りできくようになりました。特に、髪の毛、頭皮、お肌などの改善には医療認可はまだされず、臨床中ではありますが、体験談が一番多い分野や肌疾患です。現時点でも日本の100を超えるクリニックにて、水素風呂などは「処方箋」として自由診療のなかで提供され始め、アトピー改善から完治までのプロセスに効果を発揮し始めているようです。多くの人が皮膚の痛みや心の苦しみから救われると思うと、一刻も早く医療認可がされることを説に願っております。

「水素風呂リタライフ比較検討ナビ限定」リタライフのオンラインレンタル申込特典について

当サイトからお申込でAmazonギフト券をプレゼント。毎月のキャッシュバック額は異なりますので、以下をチェックください!

詳しくはこちら

ピックアップ記事

関連記事一覧