【テレビ】糖尿病と水素の効力(糖尿病予防・治療・改善・緩和に期待)

三羽信比古博士
ニュース

BBC琵琶湖放送にて「糖尿病と水素の効力」というテーマにてテレビ放映がありました!

2019年4月12日、BBC琵琶湖放送にて三羽信比古博士が講師となり、番組が放送されました。

三羽信比古博士:

糖尿病の患者さん28名の協力を得て、ヘモグロビンa1cという糖尿病の検査値マーカーを調べました。ヘモグロビンa1cというのは赤血球に含まれるヘモグロビン、これにブドウ糖が結合したものであり、直近1〜2ヶ月前までの血糖値を反映するといわれております。この結果、この糖尿病検査値が、28名中22名までが改善するという結果が得られました。

植田実穂様:

水素風呂が治療しにくいといわれている糖尿病の血液検査値を改善したっていうことですね。

三羽信比古博士:

糖尿病の患者さん28名を3つのグループに分けて調べました。第一グループはインスリン治療中の患者9名に水素風呂に毎日入ってもらった結果、4〜6ヶ月で7名にヘモグロビンa1cの値が改善しました。水素風呂は電気分解方式で水素を発生させ、41度で10分間入湯してもらいました。

第二グループは薬物療法中の患者さん達15名にも同様に水素風呂を使ってもらった結果、11名がヘモグロビンa1c値が改善し、更に4名は基準値内に治りました。基準値内というのは健常な人の値ということです。

第三グループは糖尿病治療を受けていない予備軍の方4名について、4名全員が改善がみられました。以上、総合すると28名中22名で糖尿病マーカー検査の値が改善されたということになります。

植田実穂様:

糖尿病の重い、軽いに関わらず水素風呂は効果があるんですね。

三羽信比古博士:

日本人に多い2型糖尿病ではインスリンの分泌が少ない、あるいはインスリンの効き目が悪いといった様々なメカニズムがあります。活性酸素がインスリンを分泌する膵臓を疲弊させ、損傷していて活性酸素が発生しているので、水素が活性酸素を消去し、膵臓の障害を軽減していると考えられます。

植田実穂様:

糖尿病には様々な症状が併発するんですよね!?

三羽信比古博士:

我々の研究チームは、3つの症状に着眼して調べました。

一つ目は、糖尿病に貧血を伴う患者さんに水素風呂を使用してもらったところ、血糖値の改善とともに、血液中の鉄分が大幅に改善しました。

二つ目は、糖尿病に高血圧が併発している例で、水素風呂が血圧を下げる効果、そして糖尿病も並行して改善する検証をしております。

三つ目は、70歳台の高齢の患者さんでも、水素風呂によって食前血糖値が改善し、基準値に治るという効果も検証しております。

「水素風呂リタライフ比較検討ナビ限定」リタライフのオンラインレンタル申込特典について

当サイトからお申込でAmazonギフト券をプレゼント。毎月のキャッシュバック額は異なりますので、以下をチェックください!

詳しくはこちら

ピックアップ記事

関連記事一覧