【水素のエビデンス:学術論文】水素は脳での活性酸素の増加を抑制する働きをもつ

口コミ

水素は脳での活性酸素も抑える?

オランダの学術雑誌にて、水素水を使ったマウスの実験によると、活性酸素を3割弱ほど抑制したという論文が東邦大学 薬学部 生化学教室・石神昭人准教授より発表されました。活性酸素が原因となる糖尿病や動脈硬化などの生活習慣病やアルツハイマー病に対する疾病予防にも期待が高まるという内容です。やがては、病院で水素水が処方される日が来るのかもしれません。

学術論文 オランダの学術雑誌 「Biochemical and Biophysical Research Communications」
表題 Hydrogen-rich pure water prevents superoxide formation in brain slices of vitamin C-depleted SMP30/GNL knockout mice.
著者 東邦大学 薬学部 生化学教室・石神昭人准教授
概要 活性酸素は糖尿病、動脈硬化などの生活習慣病やアルツハイマー病など神経変性疾患の原因の1つと考えられている。

水素は、これら疾患を予防する手軽に飲用できる水としてその効果がとても期待される。
水素を高濃度に溶解した水素水の飲用がビタミンCの不足による脳での活性酸素の増加を抑制すること世界で初めて明らかにした。

水素を与えた群では水のみを与えた群に比べて活性酸素の発生が27%も減少していた。このように、水素はビタミンC不足による活性酸素の増加を抑制してくれた。

※水素の効果を保証するものではありません。

「水素風呂リタライフ比較検討ナビ」限定!~レンタル申込特典について~

今ならさらに・・・!!
★レンタル特典★ 今ならAmzonギフトカード3,000円プレゼントキャンペーン実施中!

ピックアップ記事

関連記事一覧