水素風呂リタライフを使った入浴の様々な効果効能

リタライフ活用術

水素風呂、水素足湯(フットバス)等、水素入浴の効果効能

もともと日本人は入浴文化ですが、近年では冬場の寒い時期でもシャワーで済ませる人が増えています。しかし、それが冷えや低体温を招く一因ともいえます。温かいお風呂に浸かるという習慣が健康を保つ意味でとても重要です。また40度近くの湯船に10〜15分程度は入力することを基本とし、夜などであればやや温めの温度で長時間入ることで副交感神経のスイッチを入れることができるといわれている。またその後は、保温することも大切です。入浴には3つの作用があるといわれています。

「温熱作用」による効果効能

お風呂に浸かると当然身体は温まります。これが温熱作用です。皮膚の下には毛細血管や皮下の血管、毛細血管が広がり、血流が良くなります。血流が改善すると、体内の老廃物、疲労物質が取り除かれ、「痛み」や「コリがほぐれ・疲れ」が取れます。また内臓の働きを助け、自律神経をコントロールする作用もあります。腎臓の動きも良くなり利尿作用が働きます。さらには現在HSP(ヒートショックプロテイン)の効果も検討されています。

「静水圧作用」による効果効能

お風呂の中でも水圧を受けます。この圧力はウェストが3〜6mmも細くなるほどの力とも言われ、首まで使った場合、身体全体にかかる力は約1トンともいわれております。この圧力により足に溜まった血流を押し戻され、心臓の動きを活発にし、血流やリンパの循環を促進します。また腹部にかかる水圧が横隔膜を押し上げて肺の容量を減少させるため、空気を補うために呼吸の回数が増え、心肺機能が高まります。静水圧作用も体を温めていくことに大きく関連しているのです。

「浮力作用」による効果効能

お風呂に浸かると体重は約1/10程度になります。普段、体重を支えている筋肉や関節は、その役割から解放され緊張がほぐれます。また緊張からくる脳への刺激が減少します。見えない身体の負担を軽減することにより、心も解放されます。ですので、水中で身体を動かずと水の抵抗が加わるので、筋肉の増強に利用される場合もあり、リハビリテーションでも、プールなどで実施するケースがあります。

ピックアップ記事

関連記事一覧