テレビ朝日『羽鳥慎一モーニングショー』にて「水素って本当にカラダにいいの」というテーマでテレビ放映されました。

ニュース

テレビ朝日『羽鳥慎一モーニングショー』で水素が取り上げられました!

2018年8月30日にテレビ朝日羽鳥慎一モーニングショーにて「水素って本当にカラダにいいの?」というテーマで水素の特集が組まれました。

2019年の現段階では、各大学や研究期間では人間のエビデンスは数百を越え、水素の健康効果が実証されています。

「水素が体に良い」「治療効果がある」といった話題が、医学界では10年ほど前から上っています。しかし「水素のもたらす人体への医学的な効果」というのは、まだ確認できていないのだとか。それは市販されている「水素水」についても同様だといいます。玉川徹さんは今回、“吸入”という方法に限定して「水素の有効性を確認する臨床実験」を行っている「慶應義塾大学 医学部」を訪問し、その詳細を伺いました。お話ししてくださったのは「慶應義塾大学 水素ガス治療開発センター」の佐野元昭(さの・もとあき)センター長です。

佐野センター長によれば、かつて水素は「体に対して何の影響も与えないガス」と思われていて、「体に無害なガスの代表格」とされていたのだといいます。水素というのは、実は私たちの体内でも作られているんだとか。「腸内細菌はコンスタントに水素ガスを生産しており、私たちの体は一定濃度の水素ガスで常に飽和されている」と佐野センター長は教えてくださいました。

実際に慶應義塾大学は日本でももっとも医療で水素を活用しているひとつであり、注目を集めています。

水素ガス吸入療法についてくわしくはこちら

【引用先】

テレビ朝日 羽鳥慎一モーニングショー https://www.tv-asahi.co.jp/m-show/contents/detail/0353/

ピックアップ記事

関連記事一覧