水素化粧品 リタスキンレボリューションゲル~5つの美容成分に迫る!~

ニュース

水素風呂リタライフのメーカーである株式会社WCJが、美意識の高い方や水素ファン、リタファンの皆様の美容ニーズにお応えするかたちで開発したのが、LITA SKIN REVOLUTION GEL(リタスキン レボリューション ゲル)。商品名にもあるとおり、お肌革命を起こすべくして、

プロテオグリカン

タンパク質と糖の結合物の一種で、肌や軟骨を土台のように支える細胞外マトリックスを、ヒアルロン酸やコラーゲンとともに形成している重要な成分です。またヒアルロン酸を超える高い吸水力を持ち浸透性が高く発見当初は1グラムあたり3,000万円という非常に高価な成分でした。現在では抽出方法が確立され一般的な化粧品にも使われる様になったプロテオグリカンはコラーゲンやヒアルロン酸の生成を促進する作用があり、ハリや艶を与え高い保湿性で乾燥による小じわを目立たなくする注目素材です。

水溶性ケイ素

水溶性ケイ素(umo)は、度99.9%の高純度水晶石から誕生した水溶性活性ケイ素です。二酸化ケイ素(Sio2)を多量に含む水晶石を高温2,000℃以上の溶解釜で燃焼してガス化した珪素成分を特殊な方法で回収し、不要物質を燃焼処理して、水溶性の結晶として抽出します。この結晶を純水に溶解し使いやすくしたものが水溶性ケイ素です。この珪素の結晶は完全に水に溶解して固体・粉状・液状にもなり、特に優れた静菌性・浸透性・洗浄力・排出的働き、又大きな還元力を持っており、あらゆるものへの応用と可能性が期待されます。これは加齢と共に減ってしまい体内では生成が出来ないため食べ物などで補給する必要がある成分で、ハリと潤いのある肌を保つためにコラーゲン同士をつなぎ合わせたり、肌荒れを防ぎキメを整える働きがあります。

リンゴ果実培養細胞エキス

奇跡のリンゴと呼ばれる長期保存用として18世紀スイスで品種改良されたリンゴは収穫から4ヶ月経っても鮮度を保つほどの高い抗酸化力がありました。スイス原産のリンゴなのですが、とても酸味が強いために食用にはなっておらず、長い間なじみがないリンゴでした。絶滅危惧種となってしまったこのリンゴをなんとかしたいと研究をはじめたところ、ウトビラー・スパトラウバーにしか含まれない リンゴ果実培養細胞エキスという幹細胞が、老化を防ぎ、肌を再生する力を持っていることがわかり、現在ではそのリンゴ幹細胞の人工培養に成功し、肌を整え健やかに保つ美容成分として広く使われるようになりました。

ダイズ種子エキス

ダイズ種子から抽出したエキスで、抗老化成分、保湿成分、バリア改善成分、美白成分を含み皮膚細胞の活性作用で、肌トラブルを予防しハリや潤いのある肌をつくります。

フムスエキス

ミネラル豊富な泥(海洋性完熟土)から抽出された美容成分で、太古の時代に地殻変動により海底が隆起し山が崩れ、そこに蓄積された魚介類や海藻類などが長い歳月を経て発酵、分解を繰り返して出来た物質から抽出。保水性や通気性に優れ、栄養素がたっぷりと含まれた成分は年齢を重ねた肌に潤いを与えてくれます。

これらからみてもわかるように、抗酸化・抗老化に効果の高いものを主成分とし内容量も充実。発生する水素とともにお肌がピンとはり、リフトアップを感じます。一度使ったらもとの化粧品には戻れません。次元を越えたリタスキン レボリューション ゲル。気になる方は一度試してみてはいかがでしょうか。

ご利用方法

洗顔のあと、適量のゲルとパウダーを手に取りパウダーの粒子がなくなるまで手の平で馴染ませてください。ゲルとパウダーを馴染ませることで水素が発生します。そして顔から首など気になる箇所に全体に伸ばして下さい。
※1回の目安量 ゲル:パール1~2粒大 パウダー:米粒大

ピックアップ記事

関連記事一覧